モンテローザ 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2019

居楽屋「白木屋」、のみくい処「魚民」、居楽屋「笑笑」、漁港直送「目利きの銀次」、「山内農場」、個室空間「千年の宴」等を展開する、モンテローザ、2019年3月期までの通期本決算の、業績や財務を紹介します。

財務諸表(損益計算書・貸借対照表(バランスシート))の数字をグラフと表で解説。
最後に、売上高、利益、総資産、内部留保を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。(日本方式での会計基準、会社法の規定による決算公告のため、キャッシュフロー計算書は無し)

企業情報(Company profile)

  • 会社名    
    株式会社モンテローザ
    MONTEROZA ,co. ltd
  • 設立年月日  
    1983年5月23日
  • 本社所在地 
    〒180-8538 東京都武蔵野市中町1-17-3 6.モンテローザ三鷹本社ビル
  • 代表者    
    代表取締役会長兼社長 大神 輝博
  • 資本金    
    28億9,500万円
  • 従業員数
    社員数2,574、アルバイト従業員数20,252名 (平成31年3月末日在籍数)

主なブランド

・外食事業
居楽屋「白木屋」、のみくい処「魚民」、居楽屋「笑笑」、漁港直送「目利きの銀次」、「山内農場」、個室空間「千年の宴」、「豊後高田どり酒場」、海鮮肉酒場「キタノイチバ」、「魚萬」、「ホルモンおいで屋」、海鮮楽屋「福福屋」、隠れ家ごはん「月の宴」、「丹波黒どり農場」、「バリヤス酒場」、九州料理「かば屋」、炭火焼鳥「めでた家」、SHO-CHU STYLE「くろ○」、お好み焼き「みつえちゃん」、「俺の串かつ黒田」、つきじ「すしざむらい」、和食ダイニング「鶏のGeorge」、「しゃぶ食べ」、「産直横丁」、「カミナリステーキ」、隠れ家美食「竹取酒物語」、「ATHREE PARLOR」 、268円厨房「うちくる」、「焼肉X牛」、「MonteCafe」、「俺の串かつ黒田×炭火焼鳥めでた家」、カジュアルダイニング「kocoro-ya」、ビア&レストラン「モンテビア」、ゆば豆富料理「月の花」、築地すし「魚銀」、カラオケ「歌之助」 
・FC事業
「TSUTAYA」
計36ブランド
・ホテル事業
「ホテルモンテローザ」(群馬県太田市)

※モンテローザ 公式WEBページより

損益計算書 / Profit and loss statement

モンテローザ_PL_損益計算書_グラフ

項目 金額
売上高(収益) Net sales (Revenues) 1,081億円
営業利益 Operating income 39.52億円
経常利益 Ordinary income  40.35億円
当期純利益 Net income -10.39億円
営業利益率 Operating margin ratio 3.7%
粗利益率(売上総利益率) Gross margin 74.5%
売上原価率 Cost of rate sales 25.5%

貸借対照表(バランスシート) / Balance sheet

モンテローザ_BS_バランスシート_グラフ

項目 金額
流動資産 Current assets 228.2億円
固定資産 Non-current assets 502.7億円
流動負債 Current liabilities 316.2億円
固定負債 Non-current liabilities 266.5億円
純資産 Net assets 148.1億円

モンテローザ_BS_バランスシート_グラフ

項目 金額
総資産 Total assets 730.9億円
利益剰余金(内部留保) Retained earnings 94.28億円
純資産比率 Capital ratio 20.3%
ROA(総資産利益率) Return on assets  -1.42%
ROE(自己資本利益率) Return on equity -7.01%
流動比率 Current ratio 72.2%

※本記事のROEは 、当期純利益 ÷ 純資産 × 100で計算しています

(売上)利益と資産を同じ縮尺で比較したグラフ

モンテローザ_BS_PL_比較グラフ

関係会社(親会社 子会社など)・類似、競合会社など

企業名 ●ワタミの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●串カツ田中ホールディングスの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●鳥貴族の売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●コロワイドの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)

※上記の情報は、モンテローザ 公式WEBサイト、決算公告に記載の情報を元に作成しています。2017年、2018年は連結での決算。