J:COM 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2020 ジェイコム

KDDIの連結子会社で、ケーブルテレビ事業やインターネット接続事業等を様々な通信事業を展開する、ジュピターテレコム( J:COM)、2020年3月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。

公開された財務諸表の数字を、5つのグラフと表で分析。
●損益計算書では、売上や各利益、営業利益率、粗利益率、売上原価率を表示。
●貸借対照表(バランスシート)では、資産や負債、有利子負債、利益剰余金(内部留保)、純資産比率や流動比率を表示。
●キャッシュフロー計算書では、営業、投資、財務の各キャッシュフローと、フリーキャッシュフローを表示。

最後に、売上、利益、総資産、保有する現金と有利子負債(借金)、利益剰余金(内部留保)を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。このサイトが、あなたの株式投資や企業分析、就職転職活動などに役立てば幸いです。
(日本方式での会計基準。項目によって公開されていない場合もあります)

決算情報(Financial information)

ジュピターテレコム_決算公告

企業情報(Company profile)

  • 会社名
    株式会社 ジュピターテレコム (ブランド名 J:COM ジェイコム)
    Jupiter Telecommunications Co., Ltd.
  • 設立年月日
    1995年1月18日
  • 資本金
    376億円
  • 本社所在地
    東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館
  • 代表者
    代表取締役会長 井村 公彦 (Hirohiko Imura)
    代表取締役社長 石川 雄三 (Yuzo Ishikawa)
  • 従業員数
    グループ総計16,926名(2020年3月末)

業務内容

・ケーブルテレビ局の統括運営を通じた有線テレビジョン放送事業及び電気通信事業 
・ケーブルテレビ局及びデジタル衛星放送向け番組供給事業統括

※ジュピターテレコム 公式WEBサイトより

損益計算書 / Profit and loss statement

ジュピターテレコム_PL_損益計算書_グラフ

項目 金額
売上高(収益) Net sales (Revenues) 3,211億円
営業利益 Operating income 352.4億円
経常利益 Ordinary income  580.7億円
当期純利益 Net income 475.9億円
営業利益率 Operating margin ratio 11%
粗利益率(売上総利益率) Gross margin 20.1%
売上原価率 Cost of sales ratio 79.9%

貸借対照表(バランスシート) / Balance sheet

ジュピターテレコム_BS_バランスシート_グラフ

項目 金額
流動資産 Current assets 1,535億円
固定資産 Non-current assets 6,425億円
流動負債 Current liabilities 2,793億円
固定負債 Non-current liabilities 3,643億円
純資産 Net assets 1,524億円

ジュピターテレコム_BS_バランスシート_グラフ

項目 金額
総資産 Total assets 7,961億円
保有する現金 Cash and deposits 328.8億円
有利子負債 Interest- bearing debt 5,683億円
利益剰余金(内部留保) Retained earnings 811.4億円
純資産比率 Capital ratio 19.1%
ROA(総資産利益率) Return on assets  5.98%
ROE(自己資本利益率) Return on equity 31.22%
流動比率 Current ratio 55%

※本記事のROEは 、当期純利益 ÷ 純資産 × 100で計算しています

売上(利益)と資産を同じ縮尺で比較したグラフ

ジュピターテレコム_BS_PL_比較グラフ

関係会社(親会社 子会社など)・類似、競合会社など

企業名 ●KDDIの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●コミュファ光の売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●ソフトバンクの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●WOWOWの売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)
●日本電信電話(NTT)の売上高と業績推移と決算(コチラをクリック)

※ジュピターテレコム 公式WEBサイト、決算公告より